教会の沿革

郡山聖ペテロ聖パウロ教会沿革

 

1902年(明治35年)   米国ミッションより派遣された宣教師J・アラン・クック司祭が会津若松に伝道を開始。その時から郡山にも出張伝道が始められた。
1903年(明治36年)   郡山講義所が開設される。燧田96番地(現在の郡山駅前)。遠藤里志氏がクック司祭により受洗。最初の信徒となる。
1907年(明治40年) 仙台からメードレー司祭が管理するようになる。講義所は燧田95番地に移転。
1908年(明治41年) 鯨岡寅吉伝道師によって、講義所に私立訓盲学校を開設。現在の県立盲学校の基礎を築いた。
1911年(明治44年) 郡山降臨教会となる。
1914年(大正3年) 稲荷町へ移転。ジョン・コール・マキム司祭管理。
1923年(大正12年) 郡山聖ペテロ聖パウロ教会と名称を変更。
1926年(大正15年) 麓山に土地を求めて移転。木造仮聖堂建築。
1931年(昭和6年) 7月、ビン ステッド主教指導の下、強化コンクリート造り、ゴシック型、建坪20坪の現聖堂を起工。ステンドグラスは チェコスロバキア産のガラスを使用。設計者は東京の上林設計事務所の聖公会信徒の上林敬吉氏。
1932年(昭和7年) 2月24日聖マッテヤ日に聖堂聖別される。
1941年(昭和16年) 第2次世界大戦勃発。宗教団体法施行される。
1942年(昭和17年) 宗教団体法施行により、単立教会の郡山聖十字教会と名称、規則の変更を余儀なくされる。
1944年(昭和19年) 中村信蔵主教聖別され、日本人主教が誕生。
1945年(昭和20年) 終戦。宗教団体法廃止され、郡山聖ペテロ聖パウロ教会に復帰。
1951年(昭和26年) セントポール英語会の開始。
1955年(昭和30年) 教会学校幼稚科の開始。(幼稚園の前身となる)
1956年(昭和31年) 宗教法人聖ペテロ聖パウロ教会付属セントポール幼稚園開園。
1976年(昭和51年) 牧師館を取り壊し、現在地に園舎を新築、翌1977年(昭和52年)落成式。
1978年(昭和53年) 司祭館を教会境内地に旧幼稚園舎の一部を取り壊して新築。旧園舎は教会会館として使用するようになる。
1985年(昭和60年) 教会宣教80周年・幼稚園創立30周年記念感謝礼拝。(この後、講義所の始まりが1903年であることから、宣教82年と訂正される。)
2011年(平成23年) 東日本大震災により、会館が全壊の判定を受ける。
2012年(平成24年)  会館取り壊し、全国からの支援により会館が新築される。
2013年(平成25年) 1月14日会館落成式。